Multilingual Folk Tale Database


Information

Author: イソップ

Translated into Japanese

Based on Κόραξ καὶ ἀλώπηξ

Country of origin: Greece

Story type: Raven with a Cheese (ATU 57)

Translations

Arabic - viewaligned

Basque - viewaligned

Czech - viewaligned

Czech - viewaligned

Dutch - viewaligned

Dutch - viewaligned

English - viewaligned

Finnish - viewaligned

Georgian - viewaligned

Hebrew - viewaligned

Japanese - aligned

Lithuanian - viewaligned

Portuguese - viewaligned

Raeto-Romance - viewaligned

Sicilian - viewaligned

Spanish - viewaligned

Ukrainian - viewaligned


Add a translation

Adaptations

unknown author (Albanian) - viewaligned

Βαβρίας (Ancient Greek) - viewaligned

Петко Славейков (Bulgarian) - viewaligned

Antonín Jaroslav Puchmajer (Czech) - viewaligned

Aesop (English) - viewaligned

unknown author (Estonian) - viewaligned

Esopu (Extremaduran) - viewaligned

August Ahlqvist (Finnish) - viewaligned

Jean de La Fontaine (French) - viewaligned

Gotthold Lessing (German) - viewaligned

unknown author (Gujarati) - viewaligned

unknown author (Indonesian) - viewaligned

Phaedrus (Latin) - viewaligned

unknown author (Malay) - viewaligned

Marie de France (Old French) - viewaligned

Ignacy Krasicki (Polish) - viewaligned

Justiniano José da Rocha (Portuguese) - viewaligned

Ype Poortinga (Western Frisian) - viewaligned

キツネとカラス

イソップ

カラスが一切れの肉をくわえて、木の枝に止まっていました。
キツネがそれを見て、肉を自分の物にしたいと考えました。
「カラスさん、あなたは実に姿が良くて立派ですね。
本当に美しい。
鳥の王さまになれるのは、あなたの他にはまずいません。
きっと、歌声も綺麗なんでしょうね。
どうか、歌声を聞かせてくれませんか?
もし歌声も綺麗なら、間違いなしに鳥の王さまですよ」
お世辞を言われたカラスは、良い声を聞かせてやろうと、
「カァー、カァー」
と、泣いてみせました。
肉をくわえたまま口を開けたので、くわえていた肉が下にいたキツネの前にポトンと落ちてしまいました。
キツネはすぐに肉に飛びつき、こう言いました。
「やれやれ、頭さえ良ければ、本当に鳥の王さまになれたかもしれないのにね」

このお話しは、おだてに乗りやすく、考えの浅い人に聞かせる話しです。